平屋

ONE-STORY HOUSE

平屋で叶える
フラットな暮らし。

建築家と理想の「フラットな暮らし」を叶えるご提案

憧れる理由
お洒落な平屋のポイント
平屋の実例
キッチンイメージ
平屋に憧れる理由

平屋に憧れる理由

広い敷地があるからこそ生み出せるのびやかな空間に、ワンフロアの生活動線。
比較的狭い土地が多い日本では、2階建て住宅が一般的。
誰もが建てられるわけではない特別感のある平屋の魅力に今、注目が集まっています。
特別感だけではなく、平屋ならではの生活のしやすさや、お家の強度なども注目の理由。
平屋の魅力を読み解いていきます。

だから選ばれる5つのメリットMERIT

01.コミュニケーションがとりやすい

ワンフロアにすべて集約することから、自然と家族と顔を合わす機械が増え、コミュニケーションが活発になりやすい特徴が。リビングを中心にした間取りにすれば、家族の外出時も帰宅時も必ず顔をあわすことができます。

02.バリアフリーで将来も安心

ワンフロアで生活ができるため、生活動線が短くなり、体の不自由な人や高齢者も暮らしやすいお家に。将来のことを考えて平屋をチョイスされる方も増えています。

03.優れた耐震性

高さがなく、造りがシンプルな平屋は耐震性が優れいているという特徴があります。2階がない平屋は上層部の重みを軽減することができるため、地震時の揺れも少なく、倒壊の危険を軽減することができます。

04.メンテナンス費用を抑えやすい

平屋はシンプルな構造になることが多いため、メンテナンス項目自体が少なく、コストを抑えられるというメリットが。例えば平屋の場合は2階建て住宅と比べ高さがないため、壁や屋根のメンテナンスの際の足場代を節約することができます。

05.オリジナルの個性が演出できる

平屋の魅力はなんといっても、『特別感』。シンプルな中にさりげなくこだわりを取り入れたデザイン、海外ドラマのようなアメリカンカントリーな雰囲気、思いっきりモダンなテイスト…広い敷地にどっしりと構える平屋はどんなデザインでも素敵に仕上がること間違いなしです。

知っておきたい
デメリット

敷地に広さが必要

同じ延床面積の家を建てる場合、2階建てよりも広い敷地が必要になります。都心部には広い敷地がない場合も考えられ、面積が広くなれば土地の価格も高くなります。

敷地に広さが必要

これで解決!

特別広くない土地であっても天井を高く設けたり、大きな窓を設置して室内を明るくしたりするなど、工夫を凝らして室内を実際以上に広く見せることができます。そうすることで、平屋の建築が叶えられることも!

これで解決!

特別広くない土地であっても天井を高く設けたり、大きな窓を設置して室内を明るくしたりするなど、工夫を凝らして室内を実際以上に広く見せることができます。そうすることで、平屋の建築が叶えられることも!

プライバシーの確保が難しい場合も

ワンフロアでの生活は家族間でのコミュニケーションがとりやすいというも面もありますが、逆に言えば家族間でのプライベートを確保するのが難しいというデメリットにも。

プライバシーの確保が難しい場合も

これで解決!

例えば、リビングを通らず各部屋に行けるようなレイアウトにしたり、リビングと寝室の間に中庭や廊下を設けるなどして、プライバシーに配慮した間取りにすることで解決ができます!

これで解決!

例えば、リビングを通らず各部屋に行けるようなレイアウトにしたり、リビングと寝室の間に中庭や廊下を設けるなどして、プライバシーに配慮した間取りにすることで解決ができます!

防犯面での配慮

どの部屋も1階にレイアウトされる平屋は2階建て住宅と比べ、外部から侵入できる箇所が多くなってしまうというデメリットも。特に日中に無人になりやすい寝室などは注意が必要になります。

防犯面での配慮

これで解決!

寝室などの窓は天井付けの高い位置に配置したりすることで、採光も確保しながら防犯面も安心なお家に仕上げることができます。リビングの掃き出し窓は防犯性の高いものを採用するとより安心!

これで解決!

寝室などの窓は天井付けの高い位置に配置したりすることで、採光も確保しながら防犯面も安心なお家に仕上げることができます。リビングの掃き出し窓は防犯性の高いものを採用するとより安心!

平屋をお洒落に仕上げるためのポイント

窓・開口部

point 01窓・開口部

詳しく

point 01窓・開口部

平屋は外壁面積が2階建てに比べて少なく見えるため、窓が目につきやすい傾向にあります。そのため、窓や開口部のバランスに配慮した設計が求められます。外からの視線を遮るためのカーテンやブラインドも家のイメージに合わせてチョイスするとよりお洒落な印象に。

平屋は外壁面積が2階建てに比べて少なく見えるため、窓が目につきやすい傾向にあります。そのため、窓や開口部のバランスに配慮した設計が求められます。外からの視線を遮るためのカーテンやブラインドも家のイメージに合わせてチョイスするとよりお洒落な印象に。

屋根

point 02屋根

詳しく

point 02屋根

屋根もまた、平屋の家の印象を左右するポイント。写真のように「ドーマー」を設けてアメリカンな雰囲気に仕上げたり、片流れ屋根でスタイリッシュに仕上げたりと、屋根の形ひとつで大きく印象がかわります。

屋根もまた、平屋の家の印象を左右するポイント。写真のように「ドーマー」を設けてアメリカンな雰囲気に仕上げたり、片流れ屋根でスタイリッシュに仕上げたりと、屋根の形ひとつで大きく印象がかわります。

テラス、ウッドデッキ

point 03テラス、ウッドデッキ

詳しく

point 03テラス、ウッドデッキ

洗濯スペースや第二のリビングとして人気のあるテラスやウッドデッキは、平屋をお洒落に魅せてくれるポイントのひとつ。お洒落なアクセントとして活躍してくれます!

洗濯スペースや第二のリビングとして人気のあるテラスやウッドデッキは、平屋をお洒落に魅せてくれるポイントのひとつ。お洒落なアクセントとして活躍してくれます!

アクセント

point 04アクセント

詳しく

point 04アクセント

外観をかっこよく仕上げるために有効なのは、一部アクセントとして異素材を取り入れること。ワンポイントあることで目を引くお洒落な外観をつくりあげます。

外観をかっこよく仕上げるために有効なのは、一部アクセントとして異素材を取り入れること。ワンポイントあることで目を引くお洒落な外観をつくりあげます。

勾配天井

point 05勾配天井

詳しく

point 05勾配天井

勾配天井にして広々とした開放的な空間にすることで、ワンフロアの中にも変化のある、遊びの効いた間取りに。外観にも変化が加わるため、ひと味違うこだわりのお家に仕上がります。

勾配天井にして広々とした開放的な空間にすることで、ワンフロアの中にも変化のある、遊びの効いた間取りに。外観にも変化が加わるため、ひと味違うこだわりのお家に仕上がります。

ARCHITECTお洒落な平屋は建築家が描く。

限られた空間のためテンプレート的な間取りになりやすい平屋。しかしリモートワークの普及によりお家時間が増えた今、自分たちのライフスタイルに合わせたお家づくりをしたいというニーズも多くなっています。
快適に暮らせて、更にいつまでも愛せるこだわりのお家。
そんなお家づくりに注目が高まっているからこそ、間取りの工夫やデザイン力が重要。
だからこそ、建築家との家づくりが理想のお家づくりの近道。
プロの建築家だからこその目線で、暮らしやすく更にお洒落な平屋をつくりあげます。

建築家が描く
平屋の間取り

01「コの字の間取り」
「コの字の間取り」:外観パース

延床面積/101.62㎡(30.68坪)

建築家コメント

南道路、南北に長い整形敷地を想定。
南に開いたコの字型の平屋住宅で中央にパティオを設置。
個室が並ぶホールとパティオ越しに見えるLDKが程よい距離感を感じられ、家族が心地よい距離感で暮らせる工夫がされています。
02「ロの字の間取り」
「ロの字の間取り」:外観パース

延床面積/101.86㎡(30.82坪)

建築家コメント

中庭を囲むようにLDKを配置。中庭のウッドデッキもリビングの一部として利用できるように計画されています。また、内部はなるべく間仕切り壁を設けず、間仕切り家具などを利用したり、ロフトを利用することで家族構成の変化にフレキシブルに対応できる間取りになっています。
03「Iの字の間取り」
「Iの字の間取り」:外観パース

延床面積80.95㎡(24.49坪)

建築家コメント

深い軒下を歩む玄関アプローチが印象的。玄関をくぐると目に入る中庭は、ROOM①からも畳スペースからも臨めるレイアウトに。中庭に植えた植栽を楽しみながら暮らせる想定になっています。ミニマムに仕上げたダイニングキッチンを南側のあたたかな日差しが差し込む位置に配置したのもポイントです。

平屋の実例

ZENSHOOの建築家が叶えた
こだわりいっぱいの平屋のお家をご紹介。
stylish HIRAYA style 01
stylish HIRAYA style 02
stylish HIRAYA style 03
stylish HIRAYA style 04
stylish HIRAYA style 05
stylish HIRAYA style 06

stylish HIRAYA style

ZENSHOOの建築家が叶えたリビングは勾配天井で開放的に。更に、シーリングファンも設置することで穏やかな時間を楽しめる素敵な空間に。大きめの掃き出し窓からはウッドデッキへ出られる動線。キッチン側からウッドデッキへの出入りも可能にしたのは、趣味のBBQを楽しめるように。趣味もめいっぱい楽しめる工夫を凝らしたこだわりの一邸。
伊藤 香織

建築家
伊藤 香織

外観デザインは周りの2階建てに埋もれてしまわないように、屋根のかけ方を工夫した迫力のあるデザインをご提案させていただきました。陽当たりという点で少し配慮が必要なお土地でもありましたので、南側の庭に面するLDにはフルオープンサッシを設けて、たっぷりと陽射しが届くような工夫をしています。お子様が元気にお庭で遊んでらっしゃるとのこと。そんなお話をまるで親戚のような気持ちで嬉しく聞いております。
和を感じる平屋のおうち 01
和を感じる平屋のおうち 02
和を感じる平屋のおうち 03
和を感じる平屋のおうち 04
和を感じる平屋のおうち 05

和を感じる平屋のおうち

真っ白な塗り壁の外観は「蔵」を彷彿とさせるデザイン。下屋を造り、和のいぶし瓦を使うことで、洗練された和モダンのお家に。古民家をイメージした内装は畳リビングや迫力のある梁が印象的。梁はダークブラウンに塗装して、落ち着いた雰囲気になるようにデザインされている。
川原 功太郎

建築家
川原 功太郎

南側に高低差のある敷地条件を生かし、南側にお庭をつくり、それをL字型に囲むように建物を配置。寝室からもLDKからもお庭が眺められるように工夫しました。外観デザインはプライバシーに配慮して窓が極力ないデザインに。シンプルすぎないように下屋をあえて造ったり、駐車場スペースを一部砂利にすることで、蔵のような雰囲気に少し温かみが感じられるようにしています。

ROOM TOUR動画で平屋のお家をご紹介

平屋の建築をした
オーナー様のお家を動画でもご紹介しています。

開放的でスタイリッシュなお家。

家事動線が考え抜かれたお家。

平屋限定資料、差し上げます。