注文住宅をご検討中のお客様はぜひご覧ください

初めての方はこちら

お電話でのお問合わせはフリーダイヤルへ

0120-930-685

ネットでのお問い合わせはいつでもお気軽に

お問い合わせ・資料請求

APS工法

APS CONSTRUCTION METHOD

様々な特許とアイデアで強力に構造体の仕口をサポート

最先端技術の結晶 APS(アップル・ピン・システム)工法

他社に真似のできないオリジナル特許技術で構造面でも安心をお届けいたします。

基本構造特徴

木同士の隙間を遮断。結露防止と気密性が向上

従来の木造の在来工法の接合部は羽子板のような金物を使用したりするので、金属の露出や隙間ができる箇所が多々生じます。

その弱点を克服したAPS工法は、埋め込まれたピンによって木材同士を引き寄せながら組みます。

なので、金物は木の中。露出する個所もありますが数か所ですし、現場発泡ウレタンで吹き付ければ、結露の心配はありません。

また、構造体の木同士にも隙間が生まれないので、気密性も向上する工法です。

APS工法

の場合

他社金物工法

の場合

木造なのに、万が一火災が起きた際も、家族の安全を守る

また、金属は熱を通しやすいということで、問題になるのが火災の時。火災が起きた際の主な倒壊の原因は、接合部にある金物の変形によるもの。

APS工法では金物は木の中に埋まっているので、変形の恐れはなく、木材の外側が炭化するのみです。

消火活動までの時間を稼ぐことができるとともに、倒壊のリスクも避けることができます。

万が一の際も家族の安全を守る工法です。

APS工法

の場合

実験前

実験後

梁を見せることができる理由

従来の木造の在来工法の接合部には羽子板のような金物を使用するので、梁を見せる際には、羽子板も顔を出します。

APS工法は金物が木の中に埋め込まれ、細いピンでしめるので梁を見せる際、金物が気になりません。

梁の木目を美しく見せる仕上がりを実現できる唯一の工法なんです。

APS工法

の場合

他社金物工法

の場合

各工法の違い

カテゴリ
耐久性
安全性
施工性
コスト
デザイン性
環境性能
項目
フレームの長寿命化
木痩せ対応
仕口のガタつき
躯体施工精度のばらつき
結露・気密性
仕口の断面欠損 低減率
階上からの音漏れ
火災時の安全性
施工時の安全性
上棟施工スピード
運賃・金物取付費
意匠性(表し)
間取り制限
国内運搬CO2削減
国産材対応(CD性)
在来工法
APS工法(新在来工法)
金物工法
2×4工法

「本当に満足できる家作りがしたい!」

・・・という方は、今すぐお問合わせください。家づくりのことなら何でも承ります。