幸せを創造する会社 善匠 - zenshoo いい家つくる。木造住宅専門店 善匠
  • イベント
  • 店舗紹介
  • 施工例
  • 工法&構造
  • 商品紹介
  • 善匠の想い
  • お家の点検と保証
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 出演動画
  • イベント
  • 店舗紹介
  • 施工例
  • 工法&構造
  • 商品紹介
  • 善匠の想い
  • お家の点検と保証
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 善匠の出演動画
  • お引き渡しまでの流れ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • マイホームの税金対策
  • ZEH
  • お役立ちコラム

善匠の想い

ホーム善匠の想い
  • 代表取締役
    社長

    丹羽 敦
  • zenshoo小牧
    店長

    若田 昇
  • zenshoo犬山
    店長

    奥村 智広
  • 設計部
    安東 宏則
  • スタッフ紹介
    ムービー

「いい家つくる」幸せの連鎖を創りだす。

善匠のスローガンは「いい家つくる」です。
10年間、会社を経営してきて、真剣に自分たちの使命について考えました。
結論が「いい家つくる」こと。それをやらない限り、絶対にお客様に喜んでいただくことはできません。
では「いい家」とは何か? というと、これは「関わった全ての人」が良かったと思える家。お客様が建てて良かった、そして現場で働く職人さんや家づくりに関わったすべての人が良かったと笑顔になる家づくり。これを追い求めていかなければいけないと思ったんです。
善匠の一番のこだわりはそこですね。
そのためにも、家づくりの現場にはこだわっています。
「いい家」というのは、職人さん、デザイナー、設計士、それに加えて営業や事務スタッフ、そしてお客様の全員でつくり上げていくもの。全員が視線を合わせて、一棟、一棟に全力投球しなければなりません。
家づくりに関わるすべてのスタッフが、お客様の幸せのためという一点に視線を合わせて力を合わせること。
それが善匠の家づくりだと言ってもいいかもしれません。

いい家をつくるために大事なのは現場で働く職人さんの心。

善匠では家づくりの現場をとても大切にしています。
私自身が職人出身ということもあり、会社ができてからも一貫して貫いてきた想いのひとつです。
私たちの仕事の根幹はやはりいい家をつくることにあり、そのためには常に家づくりの現場へのこだわりを持たなければならないと考えています。
もし善匠で家をつくることになったら、是非その現場に足を運んでいただきたいですね。
キレイに整理整頓されていますし、職人さん全員が真剣に、かつ明るく働いているところをご覧いただけます。
言わば、現場全体がひとつのチームになっていることを感じていただけるのではないでしょうか。
現場に関わるすべてのものが「いい家つくる」こと一点に向かっている。
そんな一体感を一緒に感じていただきたいと思います。

地域社会に貢献するため、東濃ヒノキを使用しています。

善匠は木造の注文住宅にこだわる工務店です。
その中でもこだわりを持って使っているのが「東濃ヒノキ」です。
この木は、伊勢神宮の式年遷宮の外宮の用材として用いられているほどの木材です。確かにいいものなのですが、私たちがこの木材にこだわっているのにはもう一つ理由があります。
それは、私たちが東海地方で仕事をする会社だからです。
東濃ヒノキは、岐阜県産のヒノキであり、その側には木曽川が流れています。そして私たちは木曽川の水を飲んで育ってきました。木曽川の水がキレイなのは、岐阜の山がしっかりと手入れされているからです。
山が育んだ木曽川の水を飲んで人が育ち、その人が山の恵みである木材を利用して家を建てる。その木材を使用したお金が原産地に流れることで、山の手入れが行われる。そういった地域社会の幸せの連鎖が実現できるようになってもらいたいのです。
愛知県の工務店だからこそ、恩恵を受けている東濃地方のヒノキには、これからもこだわっていきたいと考えています。
職人さん、スタッフ、お客様、そして地域社会、関わるすべての人に幸せになってもらうために善匠では「今」何をするべきなのか…それは、「いい家づくり」をすることです。すごくシンプルですが、ここに辿り着くまでに10年かかりました。
「いい家つくる」それが私たちの存在意義です。

お客様の幸せな暮らしと
職人さんの技術を結ぶ架け橋になりたい。

現在は、zenshoo小牧の店長として、営業をメインで行っています。
家づくりというのは、ほとんどの方が初めての経験です。
だからこそ、私たちとのお話の中で想いのすり合わせをしていくことを心がけています。
代表同様、私も大工出身なんです。
だからこそ、現場のことも理解できますし、そういった中でお客様と職人さんの架け橋になっていかなければならないと考えています。
当然ですがお客様は家族を幸せにしたいと考えています。弊社で家づくりを手がけている職人さんはいい家をつくることで、そのご家族が幸せになれると考えています。だからこそ、私たちはお客様が将来、誰と、どんなライフスタイルをイメージしているのかをヒアリングさせて頂き、お客様とそのイメージを「共有」していく作業が最も重要になってくるのです。
そして、お互いが本当に納得し、その結果としていい家ができた瞬間、そこにたどり着けたときが一番うれしいですね。

善匠の家づくりは、お客様の「幸せ」づくりです。

お家の完成がゴールではなく、お客様の幸せな暮らしがゴールだと考えます。
家を建てることでどんなステキな未来が待っているのか、そこに暮らす家族はどんな表情をしているのか、そういったことをお客様と一緒に考えて、創り上げていくことが善匠の家づくりです。
もちろん、そのためには予算も大事です。なぜなら、私自身何も知らず住宅ローンを組んで失敗した経験があるからです。その経験を活かし、資金計画の大切さをお伝えし、親身になってご相談にのります。

お客様ご自身の答えを、一緒に探して、実現させましょう。

もうひとつの善匠のこだわりが現場です。
近年、取り組んでいるのが「現場のショールーム化」というもの。今までは作業をする場でしかなかった現場ですが、そこをお客様をしっかりと迎え入れ、おもてなしができるようにしていこうという取り組みを始めました。
工事が始まるとお客様は日々出来上がっていくお家の様子を見に現場に足を運びます。そのときに元気な挨拶はもちろん、作業の説明などを通して、お客様が気持ちよく現場を見学できる状態にしたいと考えています。もともと代表も私も現場で育ってきたので、家づくりのすべては現場にあるという考えなんです。大事にされている現場はとにかく整理されていてキレイです。そういったところを見てもらいたいと思います。
家づくりは初めてという方がほとんどでしょうから、どんな家を建てればよいか迷ってしまう方が多いかもしれません。しかし、実はその答えを持っているのは間違いなくお客様ご自身です。その答えを明確にしていくために、たくさん質問させて頂きますが、時に住宅アドバイザーとして、時に大工として、一緒に楽しい家づくりができたら幸いです。

レスポンスの速さを心がけ、
いい家づくりをするための最高のパフォーマンスを提供します。

私は、レスポンスの速さにこだわりを持っています。家づくりには時間とお金がかかるからです。限られた時間の中で家づくりを進めていく際、レスポンスが遅ければ、その分お客様の大切な時間を無駄にしてしまいます。同じ1時間が、「?」に対する返事を待っている時間なのか、ご家族の幸せな将来を考える時間なのかによって、お客様の「いい家づくり」は全く違います。なので、よりいい家づくりをするためには、一早くお客様の「?」を解決する必要があるのです。「?」があることにより一旦立ち止まってしまうことのないよう、レスポンスを早くし、幸せの家づくりの歩みが前進するよう心がけています。
この想いによって、お客様に高いクオリティーの家づくりをしていただけると共に、私たちは最高のパフォーマンスを提供出来ると考えてます。さらに、若いスタッフを指導していく上でもその価値観を持たせることを重要視しています。
私自身、レスポンスの速さでたくさんのお客様に「ありがとう」を頂いております。その「ありがとう」の言葉がやりがいとなり成長に繋がっています。このような「時間」の考え方を、スタッフと共有することで関わる全ての人が幸せになり何よりスタッフ自身に幸せになってもらうことが私の使命だと思いながら日々活動しております。

家づくりで大切なのは、お客様に安心していただくこと。

家づくりで大切なのは、何よりもお客様に安心していただくことだと考えています。そして、それは善匠という会社全体で取り組んでいることです。
まず不安を取り除いて安心していただくこと。その後、未来の話などをして楽しいことやうれしいことを感じていただく。どんな建物になるか、住宅ローンはどれくらいの支払いになるのかなど、
家づくりには不安がつきものです。
そういったことをひとつずつ解決して、新しい家での暮らしを思い描いていただけるよう心がけています。

善匠の家づくりの魅力は、こだわりを持った注文住宅。

善匠の家の最大の魅力は、デザイン性と住みやすさ、施工力の融合です。
まず女性デザイナーたちの感性の高い意匠性、次に設計チームの住みやすさへの追求、そして施工現場への代表のこだわり、この3つが融合して善匠のつくる「注文住宅」と言えるでしょう。
そして、この「注文住宅」は思い描いた未来を形にできる楽しみがあります。お客様一人ひとりにとって最高の家づくりのお手伝いをしたいと考えています。
さらに一つひとつの材料や施工にもこだわっています。見えない部分でもこだわりを持って仕上げたり、色使いひとつとってもさまざまな人が意見を言い合ってお客様の要望に近づけようとしています。とにかく、会社全体のチームワークがいいので、お客様にとっては本当に安心して家づくりを任せられるのではないでしょうか。
 私自身、お客様が笑顔になってくれる瞬間を見たいという思いで仕事をしています。注文住宅は形がないものなので、最初は紙で説明します。そうするとどんどん想像が膨らんでいく。その想像が形になった瞬間、家づくりに関わった全ての人が笑顔になる。そんな必ず幸せになる家づくりをご提案いたします。

お客様の幸せな暮らしを、図面に落とし込んでいきます。

善匠では、4名の設計スタッフでお客様の家のプランの設計や実施図面の作成、確認申請の手続きなどを行っています。注文住宅ですから、基本的にはお客様のご要望を営業から聞いて、プランを設計していきます。今は自動で描けるソフトなどもあるのですが、そういったソフトを使わずに、手描きに近い形で設計しています。というのも、全自動のソフトだと、どうしても表現したい箇所が雑になったりしてしまう場合があるんです。
プランを創るという仕事は、お客様の生活をリアルに想像して、その幸せな空間を形作ること。そこに携われるのが設計士という仕事のやりがいだと感じます。

一番の魅力は、お客様との距離感です。

基本的な仕事の流れとしては、お客様のご要望をパースなどのプラン図に落とし込みます。それを使って営業がお客様と詰めた話をした後、設計図面に落とし込んでいくという形ですね。営業といっても、善匠の営業は現場出身の方が多いので、安心して任せられますね。本当に、スタッフ全員が、お客様の家を最高のものにしたいと考えていますので、仕事をしていてすごく楽しいです。
一番の魅力は、お客様との距離感ではないでしょうか。言葉にするのは難しいのですが、あえて言うなら「大工さんが、お客様のご要望を聞いてつくっている家」という感じが一番しっくりきます。

お客様のご要望を、叶える努力をしています。

家づくりに大切なのは、各部署のチームワークです。
営業、デザイン関連、そして現場で連携が取れていなかったらいい家づくりは絶対にできません。善匠では、営業とデザイナーがお客様の幸せの「カタチ」を引き出し、ライフスタイルに合った暮らし方を私たち設計士が図面に落とし込んで、監督さんがそれを現場に伝え、「カタチ」にしていく。すべての部署が協力しあって「いい家つくる」という想いが、「強いチーム力」の原動力となっています。
そういった連携やつながりというのが弊社の強みだと感じます。それによって、お客様のご要望を叶えられる家づくりができるのではないでしょうか。 家づくりはほとんどのお客様にとって、一生に一度のこと。こんな素晴らしい舞台で仕事をしていることを誇りに思っています。

スタッフ紹介ムービー

本当に満足できる家づくりがしたい!家づくりのことなら何でも承ります。 お電話でのお問い合わせはこちら お問い合わせ・資料請求
TOPへ